【今月の記念日】8月20日 信号機の日

道路を通行するときに、なくてはならないものといえば信号機です。信号機があることで安全が守られ、私たちは安心して道路を渡ることができます。

8月20日は交通信号設置記念日です。

1

1931(昭和6)年8月20日に、東京銀座4丁目の交差点をはじめとした34か所に、3色灯の自動信号機が設置されたことが由来になっています。

日本の信号機の始まりは、1919(大正8)年 東京・上野に「信号標板」が設置されたことが始まりです。信号標板とは「進メ」「止レ」の標板が付いた手動式の標識で、警察官の挙手の合図と合わせて交通整理が行われていました。色灯の信号機が設置され、今と同じようにスムーズな交通が行われたのかと思いきや、通行者は色灯による交通信号を理解できず、従わなかったそうです。
そこで、交差点の四隅に警察官を配置し、青灯には「ススメ」、黄灯には「チウイ」、赤灯には「トマレ」と文字を書くなどして、少しずつ市民に浸透していくようになりました。また、当時の信号機は信号の色が変わるたびにベルがなる信号機でした。

今回は信号機についてのトリビアをご紹介させていただきます。
あなたはどのくらい信号機のことを知っていますか?

-+-+目次-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
・信号機の一番右が赤なのはなぜ?
・信号機の電気代は誰が払っているの?
・信号機の変わるタイミングって?
・信号機の多い県は?
・海外に比べて日本は信号機が多い?
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

信号機の一番右が赤なのはなぜ?

2

一般的な信号機は左から「青・黄・赤」と並んでいます。
これは左側通行の日本において、信号機の中で一番重要な赤色を道路の中央側に配置した方が街路樹や看板の影響を受けにくい、運転者から見えやすいという理由からです。
積雪防止のための縦型信号機は、上から「赤・黄・青」と並んでいます。こちらも重要な赤を一番上に配置することで、少しでも見えやすくするという理由があります。


 

信号機の電気代は誰が払っているの?

信号機は24時間365日稼働しています。
その電気代は家庭用の電気料金に換算すると、なんと年間約383億円にもなるそうです。

この電気代は警察署が払っています。少しでも電気代を減らすために、交通量の少ない道路の信号機は深夜になると消灯したり、最近ではLED信号機に変わりつつあります。

 

信号機の変わるタイミングって?

3

普段信号待ちをしていると、信号機の変わるタイミングは場所によって違うな、と感じていた方も多いのではないでしょうか。

歩行者用信号機は、一般的には4秒~10秒と決まっています。違いは歩道の長さによるもので、横断歩道が長いと青信号も長くなります。

一方、車用の信号機は交通量によって信号の間隔が決められています。直進する車の量に加え、右左折する車の量、大型車の通行量にも関係しています。一日の中で交通量が大幅に変化するような道路の場合は、時間帯によって間隔を変えている場所もあるそうです。

 

信号機の多い県は?

毎日目にする信号機ですが、一体どれくらいの数の信号機が設置されているのでしょうか。

警察庁のHPには「都道府県別交通信号機等ストック数」という資料が掲載されています。令和元年度の資料によると、全国で208,168基の信号機が設置されています。信号機の設置数が多い都道府県は1位が東京都(15,969基)、2位は愛知県(13,304基)、3位は北海道(13,016基)です。やはり人口の多い大都市は交通量も多いため信号機の設置数が多く、広大な土地を持つ北海道も上位にいることが分かりますね。

 

海外に比べて日本は信号機が多い?

都道府県による信号機の数の違いは人口や面積が影響していることが分かりました。しかし日本の6倍の面積をもつアメリカ(約310,000基)や、2/3の面積をもつイギリス(約25,000基)など海外と比べると、日本の信号機の数は国面積のわりに多いことがわかります。

これは日本では交差点を主流に交通整備がされていることに対し、海外では信号機のいらいない「ラウンドアバウト」が主流になっているからです。ラウンドアバウトとは、ドーナツ型の交差点で、中心の「島」の周囲を一方向に回転しながら通過する交差点を指します。日本でも2014年から運用がスタートしていますが、まだまだ出会う機会は少ないですね。

 

 

関連記事

まなシェアでは1ヶ月ごとに1つの記念日の記事を掲載しています。

【今月の記念日】7月14日 ひまわりの日

【今月の記念日】9月1日 防災の日

 

___________________
◆◇【まなシェアとは】◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まなシェアはあなたの知識向上をサポートするサイトです。
イベント・セミナーや資格取得といったスキルアップを応援する情報から、日々の暮らしの中で役立つ豆知識や明日誰かに話したくなるネタまで幅広い情報を提供しています。
まなシェアであなたの「知りたかった」がきっと見つかります!

まなシェアは藤枝ICTコンソーシアムだけで作り上げていくのではなく、記事を作成していただく市民の働き手の皆様や、地域企業の皆様と共に作っていくWebサイトです。
気に入った記事を見つけた時は「いいね!」ボタンをクリックしてください。
また、記事への要望やコラム記事の掲載については下記へお気軽に問い合わせください。

藤枝ICTコンソーシアム事務局
メール:info-c@f-ict.biz
___________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄