【今月の記念日】6月23日 オリンピックデー

東京オリンピックの開催も近づき、何かと話題のオリンピック。
今回はこのオリンピックについて改めて理解を深めてみようと思います。

オリンピックについて、あなたはどのくらい知っていますか?

1

=*==[目次]==*=====*=====*=====*=====*=====*=====*====


1)オリンピック競技には紀元前から続いている競技がある!?
2)参加選手はたったの2名!日本がオリンピックに初参加
3)初めて日本でオリンピックが開催
4)オリンピックの意外な真実
5)オリンピックデーとはスポーツを通じた世界平和を目指す運動

===*=====*=====*=====*=====*=====*=====*=====*=====*=

 

1)オリンピック競技には紀元前から続いている競技がある!?

私たちがよく知っているオリンピックは「近代オリンピック」と言われ、紀元前から行われていた「古代オリンピック」が前身となっています。

古代オリンピックとは、紀元前9世紀から紀元後4世紀にわたり古代ギリシャの都市オリンピアで4年に一度行われていた当時最大の競技会であり祭典でした。最初に行われた競技は1スタディオン(約191M)のコースを走る競走で、その後、中・長距離走やレスリング、ボクシングなど種目を増やし発展していきました。当時からレスリングやボクシングという競技があったことに驚きますが、現代とは違い、時間制限はなくどちらかが敗北を認めるまで続く過酷な競技だったようです。

オリンピックにはギリシャの各地から選手が集まり、参加者の安全を確保するために戦争は中止されていました。これが現代でも謳われる「平和の祭典」の由来になります。そんな古代オリンピックも終焉の時を迎えます。記録によると393年に開催された第293回オリンピックが古代最後のオリンピックとなっています。

古代オリンピックの火が途絶えてから約1500年後、フランスのクーベルタン男爵からオリンピック復興が呼びかけられ、世界中の国々が賛同し、1896年に記念すべき第1回大会がオリンピック発祥の地・ギリシャのアテネで開催されました。近代オリンピックの誕生です。

近代オリンピックは私たちが知るように夏季大会と冬季大会がそれぞれ4年に一度ずつ行われる国際的なスポーツ大会です。五つの輪を組み合わせたシンボルマークから五輪大会とも呼ばれます。

第1回アテネ大会の陸上競技ではアメリカ人選手がたった1人クラウチング・スタートをして注目を集めました。
第2回パリ大会ではメダル製作が間に合わず、メダリストにメダルが届いたのは2年後だったそうです。
さらに第3回セントルイス大会では途中で車に乗ってしまうというキセル・マラソン事件が発覚するなど、話題豊富なスタートだったことが伺えます。

2

 

2)参加選手はたったの2名!日本がオリンピックに初参加

日本が初めてオリンピックに参加したのは1912(明治45)年5月に開催された第5回ストックホルム大会でした。今年のオリンピックは第32回なので、古代オリンピックの293回と比べると、近代オリンピックはまだスタートしたばかりといえますね。

参加選手は国内選考会で優勝した三島弥彦選手(短距離)と以前大河ドラマでも話題になった金栗四三選手(マラソン)の2名です。大会へは船で日本を出発し、シベリア鉄道に乗って半月あまりをかけてスウェーデンへ行きました。慣れない海外渡航で体調管理が大変であったことは想像に難くなく、外国人選手との対格差や炎天下のレースということもあり、結果は予選最下位、棄権となってしまいました。

1920年の第7回アントワープ大会ではテニスで日本人初のメダルを獲得し、1928年の第9回アムステルダム大会では800M走で日本人女子選手の初参加・初メダルの獲得がありました。

こうした活躍により国内のオリンピック人気が高まり、1940年の第12回東京大会(夏季)・札幌大会(冬期)の招致に成功しました。しかし、激化する日中戦争により、開催権を返上せざるを得なくなり、第二次世界大戦の影響もあり1940年と1944年はオリンピックそのものが中止となってしまいました。

第二次世界大戦が終了した1948年、戦後初めてのオリンピックが第14回ロンドンで開催されました。しかし、日本とドイツは戦争責任から大会への出場は認められず、1952年の第15回ヘルシンキ大会が戦後初のオリンピック参加となりました。

 

3)初めて日本でオリンピックが開催

戦後、国際的な競技会を開催することで実績を重ね1964年に初めて日本開催が叶いました。幻のオリンピックから実に24年ぶりの開催でした。第18回東京オリンピック開催決定を受け、高速道路や新幹線などの交通網の整備、国立競技場など大会関連施設・会場が次々に建設されていきました。

世界初の人工衛星によるオリンピック同時中継など、壮大な準備を整えて開催された日本初のオリンピックは大成功をおさめました。この大会では計29個のメダルを獲得し、金メダル獲得数は第3位、総メダル獲得数も第4位でした。この東京オリンピックで、日本は世界に戦争からの復興をアピールがすることができました。

その後、1972年には札幌で初の冬季オリンピック、1998年には長野オリンピック(冬季)が開催されました。長野オリンピックは歴代の開催地の中で最も南に位置する地域での開催となったことも話題になりました。
2021年に開催される第32回東京オリンピックは日本での4回目の開催となります。

 

4)オリンピックの意外な真実

聖火と聖火リレー

オリンピックといえば聖火リレーを真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。聖火はギリシャ・オリンピアの遺跡ヘラ神殿前で太陽光で採火された炎を利用し、発祥の地であるギリシャと開催国内のリレーによって開会式までつなげるものです。聖火はオリンピックの歴史の中で平和のシンボルとされ、とても大切にされています。

しかし聖火は第8回パリ大会まで存在せず、第9回アルステルダム大会でスタジアムの外に塔を設置し、火を灯し続けたことがはじまりとされています。また聖火リレーが誕生したのは第11回ベルリン大会でした。感動を呼んだ聖火リレーは踏襲され、「オリンピック憲章」に正式に加えられました。

 

選手村

選手同士の交流の場とされる選手村ですが、初めて選手村が設置されたのは第8回パリ大会でした。それまではホテルを利用していたのですが、メインスタジアムである競技場の周辺に1棟4名収容のコテージが建てらたのが選手村のはじまりです。
自国から開催国までの移動だけでも大変だった中、土地勘のない海外選手は大会当日のホテルから会場移動も大変だったことは想像に難くないですね。

 

5)オリンピックデーとはスポーツを通じた世界平和を目指す運動

4

オリンピックの復興を呼びかけたクーベルタン男爵を中心に、1894年6月23日に国際オリンピック委員会(IOC)が結成されました。そのことを記念して制定されたのが、オリンピックデーです。そしてスポーツを通じた世界平和を目指す運動を進めるために、各国のオリンピック委員会へオリンピックデー記念行事を実施するよう呼びかけました。

 

オリンピックデーラン

オリンピックデーを記念して全世界で行われているイベントの一つです。

日本ではJOCが主催となり、1987年から毎年2~4kmのジョギングを中心としたイベントが全国で行われています。オリンピアンと参加者が一緒に走ることで、スポーツの楽しさやオリンピックの価値を共有できるよう、世代を超えて楽しめるジョギングイベントです。

※2020年から新型コロナウイルス感染症の影響で中断しています。

日本オリンピック委員会|オリンピックデーラン|

 

オリンピックコンサート

オリンピックデーイベントの一つとして開催されますが、オリンピックコンサートは日本独自のもので、1997年からJOCが主催となり始まりました。
コンサートにはオリンピアがゲスト出演し、感動的なオリンピック映像とオーケストラのコラボレーションが楽しめます。

※2020年から新型コロナウイルス感染症の影響で中断しています。

日本オリンピック委員会|オリンピックコンサート|

 

関連記事

まなシェアでは1ヶ月ごとに1つの記念日の記事を掲載しています。

【今月の記念日】5月28日 花火の日

【今月の記念日】7月14日 ひまわりの日

 


___________________
◆◇【まなシェアとは】◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まなシェアはあなたの知識向上をサポートするサイトです。
イベント・セミナーや資格取得といったスキルアップを応援する情報から、日々の暮らしの中で役立つ豆知識や明日誰かに話したくなるネタまで幅広い情報を提供しています。
まなシェアであなたの「知りたかった」がきっと見つかります!

まなシェアは藤枝ICTコンソーシアムだけで作り上げていくのではなく、記事を作成していただく市民の働き手の皆様や、地域企業の皆様と共に作っていくWebサイトです。
気に入った記事を見つけた時は「いいね!」ボタンをクリックしてください。
また、記事への要望やコラム記事の掲載については下記へお気軽に問い合わせください。

藤枝ICTコンソーシアム事務局
メール:info-c@f-ict.biz
___________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄