【今月の記念日】3月22日 世界 水の日 

「井戸端会議」という言葉をご存知でしょうか。
地域で共同使用している井戸に水を汲みに来たり洗濯をしたりする主婦同士が、近所の噂話などを楽しんでいる様子のことです。今では井戸が無くても、ご近所さん同士が道端などでお喋りを楽しんでいる様子を、このように表現したりします。
上水道が普及している現在、井戸を利用している家庭はごくわずかです。若い世代の人たちは、井戸を利用したことはもちろん、見たことが無い人も多いのではないでしょうか。

 

3月22日は「世界 水の日」です。

水がとても大切であること、安全な水を飲める・使えるようにすることの大切さについて、世界中の人たちみんなで考える日です。1992年12月に国連総会で定められました。
世界では、約9億人の人たちが汚れた水しか飲むことができていません。そして、約25億人の人たちが衛生的なトイレを利用できていません。
ウォシュレットがあり、水道があり、ペットボトルの水が飲めるということは、とても恵まれた環境なのです。
 

1

今、井戸水が見直されています。
東日本大震災のとき、断水地域で井戸水を生活用水に役立てたケースが多数あったといいます。ある地域では、行政が把握できている数だけでも、井戸を所有している個人宅の半数以上が家族以外にも提供していたといいます。まさに「助け合いの精神」ですね。
現在では、個人宅の井戸を「災害時協力井戸」として整備する取り組みが全国各地で進んでいます。
 

2

水道の蛇口をひねれば、きれいな水が出てくることが当たり前の日本ですが、当たり前でないことが起こり得ます。
今の当たり前の状況に感謝しつつ、この記念日を機会に、水のことについて考えてみてはいかがでしょうか。 

 

 

●================================●

【まなシェアとは】

まなシェアはあなたの知識向上をサポートするサイトです。
イベント・セミナーや資格取得といったスキルアップを応援する情報から、日々の暮らしの中で役立つ豆知識や明日誰かに話したくなるネタまで幅広い情報を提供しています。
まなシェアであなたの「知りたかった」がきっと見つかります!

まなシェアは藤枝ICTコンソーシアムだけで作り上げていくのではなく、記事を作成していただく市民の働き手の皆様や、地域企業の皆様と共に作っていくWebサイトです。
気に入った記事を見つけた時は「いいね!」ボタンをクリックしてください。
また、記事への要望やコラム記事の掲載については下記へお気軽に問い合わせください。

藤枝ICTコンソーシアム事務局
メール:info-c@f-ict.biz

●================================●