あなたの身を守ってくれる契約書類~業務が完了した旨を書面で伝える【業務完了報告書】

業務完了報告書とは

業務完了報告書は、引き受けた業務が完了した際に仕事を受けた側が発注者に対して提出するものです。
名前の通り、業務が完了したことを発注者へ報告するための書面です。

 

業務完了報告書の目的・役割

業務が完了した旨を明確に伝える

業務完了報告書を発行することで、業務が完了した旨を発注者へ報告することができます。
また、納品書と合わせて発注者へ提出することで、その納品をもって完納したことを伝える役割を果たします。

取引の記録になり、トラブル防止につながる

業務完了報告書を発行することで、自身の業務管理をすることができます。
また、発注者と完納に対する認識の相違を防ぐためにも業務完了報告書を発行し、記録として残すことでトラブル防止につながります。

 

業務完了報告書に記載する主な内容

  • 報告者
  • 業務内容
  • 作業期間

 

業務完了報告書の保管

業務完了報告書は報告書なので期間の定めはありませんが、取引があったことを証明する書類の一つでもあるため他の書類同様に一定期間保管することをおすすめします。
保管方法は紙媒体でも電子データでもどちらでも問題ありませんが、管理を行う上で関係帳簿書類と同様の保管方法をおすすめします。

 

関連記事