あなたの身を守ってくれる契約書類~成果物の対価を求めるために提出する【請求書】

請求書とは

請求書は、成果物に対する対価を支払ってもらう為に、納品書と同時、または検収が完了した際に仕事を受けた側が発注者に対して提出するものです。
発注者に対して成果物を納品しても、請求書を発行しなければ対価は支払われません。きちんと支払いを受けるためにも請求書の送付漏れがないように注意が必要です。

 

請求書の目的・役割

成果物に対して対価の請求をする

請求書を発行することで、事前に取り決めたその取引に対する対価を求める役割を果たします。
また、請求書は取引成立の証明でもあり、発注者側の経理手続きを円滑に進め、支払い漏れなどを防ぐ役割もあります。

取引の記録になり、トラブル防止につながる

請求書を発行することで、発注者から受け取るべき対価を確認し管理することができます。請求記録に残ることで、発注者と認識の相違から発生する支払いに関連するトラブルが生じた際には、取引完了後にその対価を求めた証拠にもつながります。

 

請求書に記載する主な内容

  • 請求先企業名
  • 発行元
  • 発行年月日
  • 内容や数量
  • 合計金額
  • 振込先
  • 支払い期限

 

請求書の保管

請求書は取引があったことを証明する書類になるので、青色申告・白色申告に関わらず、原則として確定申告期限より一定期間の保管が必要です。
保管方法は紙媒体でも電子データでもどちらでも問題ありません。電子データで保存する場合は、電子帳簿等保存制度適用の承認を受ける必要がありますので、希望の際は税務署に相談することをおすすめします。

 

振込先を記載するときに注意したいこと

振込先は、成果物に対する対価の支払いを受ける際にとても重要な情報になります。振込先情報に間違いがあると、正しく対価を支払ってもらうことができません。正しく振込まれるためにも自身の振込口座をきちんと確認し、相違がないよう丁寧に記載することが大切です。

記載する内容は主に「金融機関名」「口座種別」「口座番号」「口座名義」です。金融機関名は正しい名称で支店まで丁寧に記載します。口座番号は数字が羅列されているので、特に間違いのないように慎重に記載します。
口座番号は一般的に通帳・キャッシュカードで確認できます。
ゆうちょ銀行の場合は記載方法が特殊なので、特に注意が必要です。

ゆうちょ銀行の口座番号の確認方法はこちら▶ゆうちょ銀行|振込用の店名・預金種目・口座番号のご確認方法

 

関連記事