【今月の記念日】2月23日 富士山の日 

静岡県と山梨県は、富士山をこれからも大切に守りながら後世に引き継いでいくことを決意して「富士山憲章」を定めました。
その理念に基づいて「富士山の日」は制定されています。 

富士山の日が2月23日である理由は調べても出てきませんでしたが、きっと皆さんの想像通りの理由だと思います。 

 

 

豊かな恵みを与えてくれる富士山 

1

誰もが目の前にすると、その雄大さに圧倒されてしまう富士山。
頻繁に見る機会がある静岡県民や山梨県民であっても、見るたびに感動して、ついカメラを向けてしまうことでしょう。

大昔から富士山は、人々に深い感銘を与え、親しまれ、愛されてきました。 
貴重な原生林や動植物、美しい景観、豊富な地下水…。たくさんの恵みを与えてくれ、豊かな文化を育んできました。 

 

 

人間社会を映す富士山 

富士山憲章の中に、こう書かれています。

「富士山は、自然、景観、歴史・文化のどれひとつをとっても、人間社会を写し出す鏡であり、富士山と人との共生は、私たちの最も重要な課題です。」
※引用元:富士山憲章

環境問題、ゴミの問題、気候変動…。美しい富士山を保つことが、きれいな人間社会を維持することになるのでしょうね。 

 

 

2020年から祝日になった富士山の日 

2

富士山の日は、2020年から祝日になったことはご存知でしたか?
天皇誕生日が12月23日から2月23日に変わったことから、正式な祝日になりました。

正式な祝日となるまでは、静岡県と山梨県では「富士山の日」条例が定められており、イベントが開催されたり、一部の地域では休校になっていました。

 

 

富士山のことを考える 

2

私たちの誇り、日本のシンボル「富士山」を大切に守りながら、次世代へと引き継いでいきたいですよね。
何も富士登山をすることや、現地にゴミ拾いに行くことだけが大切にすることではありません。
富士山のことを学んだり、考えたりするだけでも「大切にすること」に繋がります。 

せっかく祝日になったのです。
この日は富士山について考える時間を少しだけ取ってみてはいかがでしょうか。 

 

 

関連記事

まなシェアでは1ヶ月ごとに1つの記念日の記事を掲載しています。
1月の記事では日本最低気温の日を紹介しています。

日本最低気温を記録した日は1月25日ですが、日本最低気温を記録した場所は、やはり日本一高い山 富士山なのでしょうか?
気になるその答えはこちらの記事からご確認ください。▶▶▶【今月の記念日】1月25日 日本最低気温の日 

 

 

●================================●

【まなシェアとは】

まなシェアはあなたの知識向上をサポートするサイトです。
イベント・セミナーや資格取得といったスキルアップを応援する情報から、日々の暮らしの中で役立つ豆知識や明日誰かに話したくなるネタまで幅広い情報を提供しています。
まなシェアであなたの「知りたかった」がきっと見つかります!

まなシェアは藤枝ICTコンソーシアムだけで作り上げていくのではなく、記事を作成していただく市民の働き手の皆様や、地域企業の皆様と共に作っていくWebサイトです。
気に入った記事を見つけた時は「いいね!」ボタンをクリックしてください。
また、記事への要望やコラム記事の掲載については下記へお気軽に問い合わせください。

藤枝ICTコンソーシアム事務局
メール:info-c@f-ict.biz

●================================●