【今月の記念日】6月24日 ドレミの日


▼ドレミの日

ドレミの日とは「音階と楽譜が生まれた日」の記念日になります。

ただし「音階と楽譜が生まれた日」は厳密には分からないため、洗礼者ヨハネの誕生日である6月24日を記念日としているようです。

ではそんな音階と楽譜がどうやって誕生したのか、なぜ洗礼者ヨハネの誕生日が使用されたのか紹介していきます!

▼音階と楽譜の誕生

今では当たり前の様に目にする楽譜ですが、なんと誕生したのは11世紀初頭!

楽譜が誕生するまでは音楽は聴くことでしか教える事が出来なかったのです…

11世紀初頭、イタリアの音楽教師グイード・ダレッツォは聖歌隊が聖歌を暗記するのに苦労しているのを見て、聖歌を短期間で覚えられるように4本の線(現在の楽譜では5本線)の上に音符を並べ視覚的に覚えやすくしたり、音階におなじみの「ドレミ」という覚えやすい名前を付けました。

そうして広まったグイードの指導方法は高く評価され、ローマ教皇の前でその指導方法を披露するほどでした。

▼音階の名前の元

今でこそ誰もが口ずさむ「ドレミ」ですが、この名前には元となったものがあります。
それが「聖ヨハネ賛歌」という讃美歌です。

聖ヨハネ賛歌は各節が一音ずつ上がり、その上がる際の歌詞の頭文字をとって
「Ut(ウト) Re(レ) Mi(ミ) Fa(ファ) Sol(ソ) La(ラ)」と名付けたのです。

ただ「Ut(ウト)」では発音しにくいと当時から6世紀ほど後に【主】を意味するDominusから「Do(ド)」に変化し、また讃美歌の最後の歌詞から「Si(シ)」が付け加えられ、現在に至ります。

このことから現在では「音階と楽譜が生まれた日」は参考にした聖ヨハネ賛歌で讃えている洗礼者ヨハネの誕生日を記念日としているのです!

▼ドレミの歌

「ドはドーナツのド、レはレモンのレ」
小学校の時か、それとももっと前か、いつの間にかこの歌を覚えていた。という方は多いと思います。
この曲は歌手のペギー葉山さんが自ら”訳詞”、歌唱して広まりました。そう、この歌はペギー葉山さんが「訳詞」を行ったものなのです!

元は1959年に発表されたミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」に登場する曲(作詞オスカー・ハマースタイン2世、作曲リチャード・ロジャース)の1つです。
後にミュージカルが映画化され、多くの人に慕われることとなりました。

作中ヒロインのマリア・ライナー先生がとある一家の子どもたちにドレミを教える場面で使用された歌で、各節の歌詞の最初が「ドレミファソラシ」で、なおかつ曲のメロディ自体も「ドレミファソラシ」になっているので「ドレミ」を覚えるのには最適な曲です。

歌詞ですが英語版だとだいぶ違いがあり
Doe, a deer, a female deer ドー(雌鹿)は鹿、メスの鹿
Ray, a drop of golden sun レイ(日差し)はおひさまからふりそそぐもの
Me, a name I call myself ミー(わたし)は自分のことを呼ぶ代名詞

と続きます。

英語版だと「ミ」はみんなではなく、個人(わたし)を指しているのはなんだかおもしろいですね!

▼イベント

この記事を機に音楽に興味をもったり、楽器を弾いてみたいと思った方はぜひ菊川文化会館アエルでコンサートピアノの貸し出しを行っているので応募してみてはいかがでしょうか?
まなシェアの記事から公式ページに飛ぶ事が出来ますよ!
https://fujieda.manashare.net/column/3858

 

●===========================================================●

【まなシェアとは】

まなシェアはあなたの知識向上をサポートするサイトです。
イベント・セミナーや資格取得といったスキルアップを応援する情報から

日々の暮らしの中で役立つ豆知識や明日誰かに話したくなるネタまで幅広い情報を提供しています。
まなシェアであなたの「知りたかった」がきっと見つかります!

まなシェアは藤枝ICTコンソーシアムだけで作り上げていくのではなく
記事を作成していただく市民の働き手の皆様や、地域企業の皆様と共に作っていくWebサイトです。
気に入った記事を見つけた時は「いいね!」ボタンをクリックしたり
記事への要望やコラム記事の掲載については下記へお気軽に問い合わせください。

藤枝ICTコンソーシアム事務局
メール:info-c@f-ict.biz

●===========================================================●