それぞれの幸せの形 在宅介護と施設介護

top

介護には大きく分けて「在宅介護」と「施設介護」があります。
「在宅介護」は様々なサービスを組み合わせながら自宅で家族や介護士が介護をするもので
「施設介護」は老人ホームなどの施設に入居して介護サービスを受けるものです。

大切な家族に介護が必要になった時、より良い選択ができるように
それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

在宅介護

在宅介護で受けられる介護サービス

在宅介護は様々なサービスを必要なものだけ自由に組み合わせ
住み慣れた地域や人々の中で生活をしながら介護を受けることができます。

 

  • 通所介護(デイサービス)

要介護認定を受けた要介護者が事業所に通うタイプのものです。

日帰りで日常生活の支援を受けることができるので、介護する側とされる側両方の
負担が減る
ため、在宅介護で取り入れたいケアサービスです。

日常生活の支援の他にもレクリエーションを通して仲間が見つかったり、
新しい趣味の発見など生きがいの一つになることもあります。

 

  • 短期入所介護(ショートステイ)

一時的に家族が介護できない場合に受けることができるサービスで
「短期入所療養介護」と「短期入所生活介護」があります。

「短期入所療養介護」では、日常生活の介護と病気に対しての治療や機能訓練を受けることができ
医療スタッフなどそれに伴った専門のスタッフが配属されているので
専門的なサービスを受けることができることが特徴です。
一方「短期入所介護施設」は基本的な生活介護で、寝泊まりが可能です。

両方とも1泊から30日間まで利用することができますが、
それ以上の利用日数になると全額自己負担をしなければなりません。

 

  • 訪問介護(ホームヘルプ)

介護士が自宅に訪問して家事や日常生活の介助(食事や入浴)などの
生活援助を受けられるサービスです。住み慣れている自宅でサービスを受けることが
できる
ので要介護者は安心感を得ることができます。

しかし、サービスを利用するには要介護認定されていることが条件になります。
この認定がないと介護保険等が効かず、費用が高額になってしまう可能性があります。
利用する場合は事前に相談や認定を受けるようにしましょう。

また、介護以外にも訪問リハビリテーションとしてのサービスもあります。

 

  • 小規模多機能型住宅介護

通い、泊まり、訪問を合わせたもので、デイサービス(通い)をメインに
状況に応じてショートステイ(泊まり)と訪問介護(ホームヘルプ)を受けることができ
とても柔軟に利用することができる比較的新しいサービスです。


2
 

メリットとデメリット

在宅介護は施設介護に比べ金銭的負担は少なくなりますが、要介護者と接する時間が長くなり
1人で抱え込んでしまうケースが多く心身ともに疲弊しやすくなってしまいます
大切な家族が要介護になった時、できるだけ自分の手で介護したい気持ちは分かりますが
介護する側が倒れてしまっては元も子もありません。

在宅介護は夜中も家族が介護をしなければならず、特に介護期間が長いと
介護者の精神的・身体的負担は大きくなってきやすくなるため
適度に介護サービスを利用して休息をとる必要があります。

しかし近年、少子高齢化社会により介護サービスのケアをしてくれる人口が少なくなり、
受けたいサービスが希望通り受けられない可能性も出てきます。

 

家族が意識しておきたいこと

在宅介護は一人ではやらず、家族の協力や適度な介護サービスを利用することで
精神的・肉体的な負担を減らすようにしましょう。


日常的な介護になるため仕事への影響が考えられますが、近年では介護と仕事を両立できる
「介護休暇」などを設けている企業も増えており、厚生労働省でも「介護休業給付制度」などがあるので
状況に応じて勤務先の担当者に相談をするとよいでしょう。

 

2

 

施設介護

施設介護で受けられる介護サービス

介護施設には社会福祉法人や自治体が運営する公的施設と、民間業者が運営している民間施設とあり
目的や役割、入居条件に応じて細かく分かれています。

 

主に要介護状態の方を対象とした施設

【公的施設】

  • 特別養護老人ホーム

身体介護・生活支援・リハビリテーション・レクリエーションなどの
介護サービスを受けることができます。
◎受入可能介護度:要介護3~要介護5
 

  • 介護老人保健施設

病院と自宅の中間的な位置づけで、退院後すぐの在宅生活が難しい場合の在宅復帰を目指す施設です。
身体介護、看護師による医療的管理、理学療法士によるリハビリテーションのサービスを
受けることができます。
◎受入可能介護度:要介護1~要介護5
 

  • 介護療養型医療施設

身体介護、看護師による医療的管理、理学療法士によるリハビリテーションのサービスを受けることができます。
医師も常駐しているので医療的ケアが充実しています。
◎受入可能介護度:要介護1~要介護5

 

【民間施設】

  • 介護付有料老人ホーム

生活支援サービスから介護サービス、レクリエーションなどのアクティビティサービスまでを
そのホームのスタッフから受けることができる施設です。
要介護者のみが入居できる「介護専用型」と自立・要支援と要介護の方を対象とした「混合型」があります。
◎受入可能介護度:自立~要介護5
 

  • 在宅型有料老人ホーム

生活支援サービス、健康管理サービス、レクリエーションなどの
アクティビティサービスを受けることができる施設です。
◎受入可能介護度:自立~要介護5
 

  • グループホーム

少人数のグループで専門スタッフから介護サービス、機能訓練などを受けながら
家事を分担し共同生活を送ります。
家庭的な環境の中で自立支援・精神安定を図ることを目指しています。
◎受入可能介護度:要支援2~要介護5

 

主に自立状態の方を対象とした施設

【公的施設】

  • 軽費老人ホーム

自立した生活に不安があり身寄りのない高齢者が自治体の助成により低価格で入居できる施設で、
所得条件など条件が様々です。
◎受入可能介護度:自立~要介護3程度
 

  • ケアハウス

自立した生活に不安があり身寄りのない高齢者が自治体の助成により低価格で入居できる施設で、
食事サービス、安否確認・生活相談サービスを受けることができ、必要な時は介護サービスも受けられます。
◎受入可能介護度:自立~要介護3程度

 

【民間施設】

  • サービス付高齢者住宅

有資格者の相談員が常駐し、安否確認と生活相談サービスが受けられる住まいです。
介護が必要になった時はスタッフが介護サービスや生活支援サポートをしてくれ、
介護付有料老人ホームと同様のサービスが受けられます。
◎受入可能介護度:自立~要介護3程度
 

  • 健康型有料老人ホーム

食事サービスが付いた高齢者施設で、元気な状態の健康維持を目的とした設備が充実しています。
◎受入可能介護度:自立のみ
 

  • 高齢者専用賃貸住宅

高齢者専用の賃貸住宅で、提供サービスがないところもあれば、見守りや家事援助サービスが
提供されるところもあり様々です。
◎受入可能介護度:自立~要介護3程度
 

  • 高齢者向け優良賃貸住宅

60歳以上の方が入居対象で、バリアフリー仕様で緊急時対応サービスや
安否確認サービスが受けられます。
◎受入可能介護度:自立~要介護3程度
 

  • シニア向け分譲マンション

所有権を有し、譲渡、賃貸、相続などが可能な資産となるマンションで、家事援助サービスや
付帯サービスなど様々です。
◎受入可能介護度:自立~要介護5


3
 

メリットとデメリット

24時間プロのスタッフに介護してもらえることが最大の魅力です。

要介護の認定度が高いほど夜間のケアでは専門的な医療や介護が必要になってくる場合もあり、
重度の認知症を患っている高齢者は24時間体制で見守る必要がでてきます。
在宅介護だと難しい部分も24時間体制の施設であれば家族の負担も少なくて済みます
一方で、デメリットは在宅介護に比べ費用が高額になる場合が多いです。

公的な介護施設であれば民間の介護施設よりは費用は抑えることが可能ですが
近年の高齢者の増加により申請後の待機が長くなってしまう傾向があります。
逆に、民間の高齢者施設の場合は、比較的スムーズに入所することができる可能性は
高くなりますが、公的施設に比べると施設費用が高くなってしまいます。

費用目安としては14~30万円前後が必要になる場合が多く、ためらう方も少なくありません。
また、せっかく入所できた施設でも合わなくて退所してしまう場合もあります。
入所までの間の大変な労力を無駄にしてしまうことになるので、体験入居などを利用して
しっかり吟味することが必要ですし、分からないことは専門の機関に相談してみましょう。

 

家族が意識しておきたいこと

在宅での介護が困難になってしまったり、ご近所に迷惑をかけてしまう事がでてくると
施設に入所することも必要になってきます。
要介護者は家族に捨てられてしまったなどと思ってしまうこともあり
家族側では施設へ入れることへの抵抗感を持っていることも多いです。

双方が納得して生活をしていくためにも、入所する施設はしっかり選んでいきましょう。

 

まとめ

ご本人の想いとご家族の想いが食い違ったり、双方の身体の状態や不安や負担、費用のことなど
色々な事情が絡み合い、簡単に答えを導き出せるものではありません。
在宅介護も施設介護も一長一短があります。

大切なのはどちらを選んでも「これで良かった」と思えることではないでしょうか。

 


 

●=============================================================●

【まなシェアとは】

まなシェアはあなたの知識向上をサポートするサイトです。
イベント・セミナーや資格取得といったスキルアップを応援する情報から

日々の暮らしの中で役立つ豆知識や明日誰かに話したくなるネタまで幅広い情報を提供しています。
まなシェアであなたの「知りたかった」がきっと見つかります!

まなシェアは藤枝ICTコンソーシアムだけで作り上げていくのではなく
記事を作成していただく市民の働き手の皆様や、地域企業の皆様と共に作っていくWebサイトです。
気に入った記事を見つけた時は「いいね!」ボタンをクリックしてください。
また、記事への要望やコラム記事の掲載については下記へお気軽に問い合わせください。

藤枝ICTコンソーシアム事務局
メール:info-c@f-ict.biz


●=============================================================●