DTPエキスパートについて

画像

DTPエキスパートは数あるDTP関連の資格の中でも歴史が長く、信頼されている資格です。DTPだけでなく出版印刷に関する知識も必要となるため、取得していると実務と知識を兼ね備えている証明となり、就職や転職にも有利となります。
応用の利く資格であるため、多分野で活躍するためにも取得しておいて損のない資格の一つです。

DTPエキスパートとは

DTPエキスパートは、日本印刷技術協会(JAGAT)によって実地されている認定試験です。DTPや色、印刷技術、情報システム、コミュニケーションの5つのカテゴリーから出題され、印刷の基礎知識やDTPの知識など総合的な知識を習得した人材を認証します。
資格の認証期間は2年間となり、更新時には2年間で新たに追加された項目の認証試験に合格する必要があります。

難易度はどのくらい?

  • 合格率40~50% やや難しい

DTPエキスパートの難易度は、平均して40%から50%と比較的難易度の高い試験です。他のDTP関連の資格とは異なり、ソフトやハードの操作方法でなく製版印刷の基礎知識に重点を置いており、未経験者に難易度の高いのが特徴です。プロの知識と技能が求められる試験であるため、十分に実務をこなしている人なら合格できる確率は高まります。

活かせる仕事は?

  • 印刷業界
    広告デザイナー 広告オペレーター 編集者 印刷会社営業 製作コーディネーター テクニカルエンジニア
  • DTP専門会社
    DTPオペレーター DTPシステム管理
  • デザイン関連
    グラフィックデザイナー

DTPエキスパート資格保有者の多くは印刷業界で活躍しており、パソコン上でデザインしたものを出力して出版物にする作業、メディアコンテンツのデータを作成する作業などを行っています。

検定レベル

  • DTPエキスパート:DTP・印刷に関する広範な知識を備えたい人向け
    実技試験に不合格でもDTPエキスパートと認証され、その後実技試験を受けて合格するとマイスターに認証されます。
  • DTPエキスパート・マイスター:DTP・印刷に関する広範な知識と制作・管理の実務能力を備えたい人向け
    2019年までにDTPエキスパートを保有している場合はDTPエキスパート・マイスターと同等の資格となります。

DTPエキスパートはもともと1段階制の資格でしたが、2020年3月から2段階制となります。

試験内容

  • DTPエキスパート
    学科試験:多肢選択形式(第1部:120分第2部:120分)
    ・基礎分野(第一部) :DTP
    ・応用分野(第二部) :色 ・印刷技術 ・情報システム ・コミュニケーション
  • DTPエキスパート・マイスター
    実技試験要項に記載の制作条件に従い、デザイン的要素についての概要の記述など制作にあたってのコンセプト書を作成し、支給素材を用いて紙面データを制作して定められた期限内に提出します。
    試験用の素材の入手及び提出は、実技試験サイトにて行います。

合格基準

DTPエキスパートの合格基準は、DTP・色・印刷技術・情報システム・コミュニケーションの5つのカテゴリー全てにおいて80%以上の正解率であることです。
DTPエキスパート・マイスターの合格基準は、提出した課題が総合的に評価されます。特に重視されるのはデザイン性と印刷用データ制作力で、複数の試験官から10段階中8の評価を得る必要があります。

受験料(税込み)

  • DTPエキスパート:15,000円
  • DTPエキスパート・マイスター:21,000円
  • 認証試験:7,300円

受験料の支払い方法は、DTPエキスパート、DTPエキスパート・マイスター、認証試験の全てにおいて銀行振り込みとなります。一度振り込むと、試験中止以外の理由で返金は行われません。また、振込明細書は正式に領収書の代わりとして認められているため、費用精算に利用できます。

申込日・試験日

  • 申込日
    ・DTPエキスパートおよびDTPエキスパート・マイスター
     2020年6月下旬予定
    ・DTPエキスパート認証試験
     2020年6月下旬予定
  • 試験日
    ・DTPエキスパートおよびDTPエキスパート・マイスター
     2020年8月30日(日)13:00~17:40
    ・DTPエキスパート認証試験
     2020年8月30日(日)13:00~17:40

 ※試験日程が変更されている場合があるので、詳細は公式HPでご確認をお願いします。

試験会場

  • 東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌

上記のほか、指定講座会場・団体受験会場でも行われます。
DTPエキスパート認証試験ガイダンスは東京の会場で開催されます。特に3月は開催される会場が少ないため、自宅から遠い場合は前日から前のりするなど、試験に遅れないように対策を練ることも必要です。

問合せ先

公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)

  • 電話受付:平日9:30~17:30
  • TEL:03-3384-3115/03-3384-3168(資格制度事務局)
  • Email:expert@jagat.or.jp
  • HP:https://www.jagat.or.jp/cat5

公益社団法人日本印刷技術協会 西部支社

  • TEL:06-6352-6845/06-6353-5020

DTPエキスパートの試験に関する問い合わせは、資格制度事務局の担当となります。疑問があれば、電話およびメールで問い合わせることが可能です。
なお、関西の場合は西部支社が電話による各種問い合わせに対応しており、DTPエキスパート試験に関する相談もできます。ホームページでわからない情報があれば、問い合わせてみると良いでしょう。